スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保護者が語る おたまじゃくしクラブの魅力!

こんにちは!
久々の更新は、おたまじゃくしクラブに来ているこども達の保護者の皆さんに

Q1 どうして民間の学童保育所に入れようと思いましたか?

Q2 民間の学童保育所(おたまじゃくしクラブ)の魅力はなんですか?

についてお聞きし、生の声を頂きましたので紹介させてもらいます!!


ひと
2年生 保護者

  きめ細かな対応をしてもらえると思ったから。入学前から慣らし保育があり、夜も 19:00 まで預かってもらえます。又、夏、冬休みは朝から1日中見てもらい、いろいろな所に連れていってもらえるので、子どもも退屈することなく過ごせると思いました。屋外や屋内でのびのびと遊ぶのはもちろん、ゆっくりしたいときは、今や和室でゴロンとよこになったり、手作りおやつを作って食べたり、宿題をおしえて もらったり...。一人一人のペースにあわせて、帰宅して家にいるのと変わらない過ごし方ができるからです!!親がいない間、1人で留守番して、TV や電子ゲーム漬けになることもなければ、 大人の目の行き届かない所で危険な目に遭う事もない。働く私にとって、これが1番の理由です。うちは、祖父母がすぐ近所にいますが、やはり祖父母に甘えてしまうより、若い先生方にお願いした方がいいと思っています。
  先生方が、子どものことを、親以上によく見てくれます。私がいない時にあった、楽しい出来事も嫌なことも先生と本人と親とで共有できています。おたまに来てから、それまでできなかったことができるようになったり、家ではやったことのないようなこと(ダブルダッチ、こま、けんだま、百人一首) に挑戦したりして、少し大人になりました。 おたまの子たちはみな、兄弟姉妹のように、仲良くケンカしています。親同どうしもみな顔見知りです。私は働いているために、小学校の PTA 活動にはほとんど参加できないので、おたまのお母さんたちとの情報交換は,とても貴重です。 保育園時代とあまり変わらないペースで生活できています。(ミニ児なら、こういかなかったかも...)。子どもも、おたまでくつろげるので、疲れをためて帰ってくることがないし、私も、おたまの先生やお母さんたちとおしゃべりや悩み 相談(笑)するのがいい息抜きになっています!! 世の中のルールとか、友達との関わり方を、先生や、学年の違う友達から教わります。人間としての土台を作ってもらえる、第二の我家です。6年間おわったあとも足を運ぶ人がいっぱいいます!!




ひと
3年生 保護者

  共働きで両親は地方、身近に頼れる存在がない為。ミニ児と民間の学童保育の両方見学やお話を伺いましたが、決め手は先生の子供達を1人1人見つめるまなざしが真剣であたたかい。信頼できると思い学童保育所に決めました。
  学校では経験できないサイクリング、キャンプ、炊事遠足等一まわりも二まわりも子どもたちを成長させてくれます。働きながらもお休みに行事!?と 思われるかもしれませんが、子どもたちの楽しそうな顔、少し大人になった姿をキラリキラリと目を輝かせて遊んでいる姿を見て「おたま」でよかったと思う瞬間です。




CIMG2145_2.jpg
5年生 保護者

  幼稚園の預かりと変わらず、親が働いても家庭に近い感じの内容のところ。あと、子供が行きたいと思ったから。
  働いていると帰ってきてからの時間が短いので頼んだら宿題や勉強もみてもらえる。夏休みなど、体力を持て余すところ、イベントなどで夏休みを充実できている。




ひと
6年生 保護者

  一言でいって、家族のような”輪”であり、安心。手作りのおやつも作ってもらえるところ。本当に入れて良かったです。
  先生がやさしい。親の言う事よりきっちり先生の言う事はきいてくれる。おたまに入り、団体生活の楽しみ方や昔のおもちゃ(けん玉、コマ、 百人一首)を学べた。




CIMG2145_1.jpg
2006年度卒OB 保護者 
  民間の方が、子どもをていねいに見てくれる。しょうがい児なので、健常児との関わりを求めて、民間の学童保育に入れた。児童会館では親か他の人(大人)をつけてくれたら入ってもよいと言われた。
  キャンプに親子で参加できて楽しい。



保護者の皆様、コメントありがとうございました♩
子供はもちろん、大人にも愛されているおたまじゃくしクラブです。
新年度を控え、興味がある方、ぜひ一度見学にいらしてください^^
入所に関する相談や体験も随時受け付けております!

指導員 龍でした。
スポンサーサイト
プロフィール

otama.club

Author:otama.club
おたまじゃくしクラブは札幌市清田区里塚にある学童保育所です。1985年7月にスタートし、いままで180人(2008年3月までに)を越える子どもたちが巣だっていきました。クラブは今も昔と変わらず、子どもたちの笑顔、歓声であふれています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。